美容外科(cosmetic surgery)とは、正しくは外科学の中の一分野であり、医療に主軸を据えた形成外科(plastic and reconstructive surgery)とは別種のものだ。
加えて、整形外科学とも勘違いされがちであるがこれも全く異なる分野のものである。
常に爪のコンディションに配慮しておくことで、一見何でもないような爪の変調や体調の異変に対応し、更に自分に合ったネイルケアを発見することができる。
メイクの長所:自分自身の顔を少しだけ好きになれる。
顔に無数に点在している面皰跡・クスミ・毛穴の開き・そばかす・傷を隠すことが可能。
一歩一歩キレイになっていくというおもしろさ。
スカルプケアの主な目指すところとは健康な毛髪を保つことにあります。

毛髪に水分がなく乾燥して艶がなくなったり抜け毛が目立つなど、大勢の人が毛髪の困り事を抱えているようです。

医学界全般がQOL(生活の質)重視の傾向にあり、製造業を始めとする日本経済の向上と医療市場の急速な拡大もあって、美意識に基づいた美容外科はここ2〜3年一気に注目されはじめた医療分野であることは間違いない。
尿素(urea)の溶けた水とグリセリン(glycerin)にヒアルロン酸(hyaluronic acid)を添加して作られた美肌水は保湿力が高いため肌に優しく、お肌が乾燥しやすい人に適しています。

防腐剤や香料などを利用していないため、お肌の敏感な方でも使うことができます。

メイクのデメリット:泣いてしまうとまさしく阿修羅のような恐ろしい顔になる。
ほんのちょっとミスしただけで派手になったり地雷を踏んでしまう。
ごまかすのにも限界を感じること

メインメニュー